Since the Indian government declared dolphins to be non-human persons in 2013, dolphin shows and aquariums were pressured by some animal protection activists and slowly disappeared from all over the world. This 'Dolp-human House' was made based on one of the previously closed aquariums. This memorial statue sat on the waterfront, where the meeting point of the dolphin babes and mothers is. This statue was destroyed by 'Nature As Paradise' activists, although the Dolp-human House did not halt its work of producing dolphin babies.

ドルヒューマンセンター記念像
(2013)3Dプリンタ1/12サイズ模型
この像は、イルカの最初の代理母であり、人間が最初に送ったイルカで、ドルフィンの家の創設者と科学者の1/12サイズの記念碑です。碑文は次のようになります『先見性があり粘り強い、ドルヒューマンセンターの創始者であり、人間とイルカをつなぐ胎盤「ドルヒューマンプラセンタ」を発明した科学者。勇敢で正直、イルカの代理母になった人類初の女性。賢く愛らしい、ドルヒューマンプラセンタによって産み落とされた最初のイルカ。』

'Nature As Paradise’による記念碑の破壊
(2013)写真
インド政府は2013年にイルカを「人間以外の人間」と宣言して以来、イルカショーや水族館はいくつかの動物保護活動家によって圧力をかけられ世界中から徐々に姿を消しました。この「ドルヒューマンセンター」は、そのムーブメントにより閉館に追い込まれた水族館を再利用して作られました。この記念像はウォーターフロントに設置されており、そこではイルカの子供と母親が面会する為にもありました。 ドルヒューマンセンターはイルカの赤ちゃんを産む作業を止めませんでしたが、この像は 'Nature As Paradise’という反対派の活動家によって破壊されました。