2030年あなたはどこかの国の革命家です。
どのような問題をどのような技術でどのように解きますか?
このプロジェクトはアートやデザイン教育を受けていない人を対象として、未来を拡張するアイデアを出すためのカードを使ったツールキットです。
1: Dig your Pain and find the problem/ 自分の悩みや痛みを掘り、問題を探す
もし自分にそれほど痛みがないようだったら、SDGsカードから一番気になる問題を選んでみましょう。(SDGsは「持続可能な開発目標」の略で、2030年に向けて2015年に国連総会で設定された17の世界目標の集まりです。例:目標1.あらゆる形で貧困を終わらせる。目標2.飢餓を解消し、食料安全保障と栄養を改善し、持続可能な農業を推進する。目標3.あらゆる年齢層で健康的な生活を確保し、健康を促進する、等。
2:Lottery the place of birth / 出身地の宝くじを引く
2030年にあなたは205の地域のどこかで革命を起こそうとしています。これはあなたが革命を起こす土地や場所、もしくは出身地です、基本人は生まれてくる場所を選ぶことはできません。
ランダムに選んだその国の成り立ちや歴史、気候や文化、様々な事を調べ、更にどうにかその国の人を探して実際に対話し、生きた人間の視点のリアルな現状を聞いてみてください。そこから2030年にその国がどのようになっているか想像してみてください。

3. Technology Card /テクノロジーを決める
先進テクノロジのハイプ・サイクル表を参考にこれから来る技術についてのカードです。あなたはどのような技術カードを引くのでしょうか?
3. philosophy Card / 哲学カード
考えの起点になるキーワードです。これは価値観を言葉で表したものです、過去のもの、現在のもの、これから来るかもしれないもの、、、。ここからどのように逸脱し、もしくは批判的な視点を創出することができるでしょうか?
例:脱資本主義、脱人間中心主義、新反動主義、加速主義....等。
4 Output Card / アウトプットカード
どのような手法やメディア、形態で社会に働きかけるでしょうか? 例: 遊園地、新聞、漫画、映画、ファッション、ホテル、乗り物、ビジネス、スポーツ、空間、抗議活動、植物、儀礼、コメディ、ドキュメンタリー、舞台、おもちゃ、サービス、アイドル、古典舞踊、ロボット、....
5. Time for ferment the ideas / アイデアを熟成させるための時間です
ここまでのカードを手元に置いて、しばらくアイデアを練ります。
6. REVOLUTIONARY / 革命家カード
最後に、今出たアイデアは一旦置いておいておき、革命者カードを2度引きます。
もしこれが〇〇だったら、この課題をどうするだろうか?ここでは革新的かつインパクトの強い仕事をした人のカードです。例:スティーブ・ジョブス、デビット・リンチ、イーロン・マスク、フセイン・チャラヤン、ビョーク、ココシャネル、(時折中には善人とは程遠い人間も入っていますが。)
もしアイデアが出ないようでしたらもう一度革命家カードを引いて考えます。
使用例:例えば、教育の機会の平等、ニュージーランド、加速主義、遊園地、ブロックチェーン、ココシャネル。
もしカードが多すぎて混乱したら、手持ちのカードのどれかをうらがえして隠して考えてみましょう。
Back to Top