シェアードベイビー (2011)
ワークショップ、写真、プロダクトデザイン、ダイアグラム
このプロジェクトは社会や技術の進化によって変化する家族の形態、関係を思索します。一対一の関係のmonogamyに対して、複数愛を表すpolyamoryいう言葉も最近よく耳にするようになってきました。浮気や離婚、再婚。私たちはそもそも一人の相手と一生共に過ごせるように出来ているのでしょうか?2016年、ミトコンドリアDNAに問題がある女性の医療の一環で3人の親の遺伝子を引き継ぐ子供が産まれました。体外配偶子形成(IVG: in vitro gametogenesis)の研究等の先には更に3人、4人、5人等、複数親の遺伝情報を持つ子供が作れる可能性があり、子供にとっては 遺伝子や経済、愛情のリソースが増え、親は出産育児にかかわる様々のコストが軽減される等、多くの利点と共に、様々な問題が発生することが容易に想像できます。
しかし私達は以前は占有物であった車や家もカーシェアリングやairbnbのようにシェアリングエコノミーと言われる、良くデザインされたサービスシステムの登場により共有することが出来るようになって来ました。私達はどのようなシステムがあれば、子供を他の親達とシェアできるのでしょうか? 複数人の遺伝的親をもつ子供のためのプロダクトやボードゲームを使ったロールプレイング ワークショップを通じ考察した。
Shared baby is a new choice of family planning. Bring up a baby between more than 3 to 5 people. User can save money, time and share responsibility with their partners. Also, the baby has a wider gene pool. People can give more resources for your baby.
Related news :
‘Three people, one baby’ public consultation begins
http://www.bbc.co.uk/news/health-19597856
関連ニュース :
’3人で1人の赤ちゃん’、国民の意見聴取はじまる
http://www.bbc.co.uk/news/health-19597856
Back to Top